スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶好の剪定日和

どんよりして肌寒いですが
予報では冬の陽射しも期待できそう
屋外の作業に申し分ない日和ですわ。

庭の年間管理の最終作業
今日は松の剪定に庭師さん五名
朝早くから来ていただけましたわ。

八時半には作業も始まり
庭の彼方此方から
松の剪定の小気味の好い音が。

何もしないお宅もあるそうですが
気は心と十時と三時に茶菓など
間水がそれなり大変ですわ。

気持よく作業して貰うため
心ばかりの気配りですが
その費用も馬鹿になりませんわ。

一昔前なら盛り菓子のようなもので
今は生活も豊かに、口が肥えたと云うか
そのようなものだと残されますわよ。

暑い盛りの頃だと
アイスクリームなどの冷菓に
ア○○○アス等の冷たい飲料を。

今頃の季節だと
バームクーヘンやシュークリームなどに
コーヒーやココアに紅茶など。

冷たいものなら冷たいように
温かなものなら温かいうちにと
結構気を使ってますわよ。

松の剪定は腕利きの庭師さんでも
一日で一本の作業みたい
それも特にこの時期はお天気次第。

或る年など年末の忙しい頃
小雪の舞う寒い日になり
作業は繰り延べになったことも。

今日はお昼前から暖かな陽射しが
屋外の方が気持ちが良いくらい
作業も捗ったようですわ。

明るいうちに作業が終わり
年末行事のひとつが片付き
ヤレヤレ、でも疲れましたよ。






スポンサーサイト

秋の風情満喫

今日は支部の撮影会
行き先と決めた撮影スポットは
朝早くから観光バスが詰めかけて。

急遽目的地の変更
先日の「ルソンの壺」で放映された
和菓子屋さんの自然豊かな郷へ。

敷地6万坪余の広大な原生林を生かし
散策路など最小限整備されただけ
自然豊かな原風景が楽しめますわ。

テレビで紹介されるだけに
従業員一人一人のお持て成しの心に
会社の経営理念を垣間見た気がしましたよ。

撮影は集合場所時間を設定し
後は皆思い思いに撮影を
でもかなり難しい被写体でしたよ。

紅葉の名所のような
見事紅葉があるわけでなし
美しい花が咲いてるわけでなし。

季節を彩るの草花で有名ですが
今は端境期か、晩秋に近い佇まい
その辺りに的を絞ってシャッターを。

曇り空の予報でしたが
暖かな陽射しと爽やかな風を感じて
のんびり散策し乍らの撮影でしたわ。

敷地内には何カ所かお食事処が
ハラハラ枯葉舞い散る川床テラスで昼食
風情ある景観もご馳走を引き立てましたよ。

食事の最中も相変わらずの写真談議
でも皆さんも今回の成果となると
作品が有れば上々かな~って。

趣味で繋がっている皆さんと
月一回程度のお付き合いですが
毎回が楽しみな集いになりますわ。

revengeじゃないですが
誰言うともなく、十二月初旬に
撮影会が決まりましたよ。

一年掛けて・・・。

今日はピアノのレッスン日
あっと云う間の一週間でしたが
納得の行く練習が出来ましたよ。

当初から十一月中に[SALUT D'AMOUR]を
終了する予定で練習に励み
九月まではいい線行ってたのですよ。

然るに十月のレッスンは最初の一回だけ
先生のご都合やkeiが旅行に出掛けたり
練習出来ない日が続いたり・・・。

そんなこんなで
十一月に入って逸る気持ちに
練習が上滑りして無残なことに。

今までのkeiならいけしゃあしゃあ
「これが精一杯です」と言って
辛うじて終了させて貰った~かも。

でも今回はkeiなりに工夫して
練習方法に変化を持たせ
かなり弾き込みましたよ。

そして今日が十一月最終レッスン日
いつもより余裕を持って弾け
[SALUT D'AMOUR]」終了と相成りましたの。

先生からも拍手を頂け
「これからもこの曲を楽しんで
 レパートリーにしましょうね」って。

「発表会に[SALUT D'AMOUR]を」~って
先生は言って下さいましたが
stage frightと言うか、照れ屋のkeiには・・・。

発表会はさて置いて
納得の行く終了と楽しめたことが
何にも増して嬉しいですわ。

そして来月から
問題のETUDE OP.10-NO.3
今のkeiのcapacityを遥かに超える曲!

CDを聴いたりDVDを見たり
弥が上にもやる気を煽って
すっかりその気にさせてますわよ。

一年掛けて[ETUDE OP.10-NO.3]を
何としてもマスターすること
それを来年の目標と決めましたよ。

そしてその次の発表会で
[ETUDE OP.10-NO.3]を弾けたら
最高だと思うのですよ。




棚牡丹みたい!

どんよりと鈍色の空
肌を刺す冷たい風
丸で冬のようでしたが。

昨日は朝から穏やかに晴れ
陽射しにも温もりが
小春日和でしたわ。

約束していた便利屋さん
九時半前に到着
早速作業に・・・。

暖かな陽射しに誘われて
青空の下の運動がてらと
手伝うことしましたよ。

ここはMさん担当の空地
果樹園作りの半ば
隅の方に植木鉢が何十鉢も。

先ずはその辺りから整理を
何も植わってないものも
中から球根が数十個も。

何の球根か分かりませんが
腐ってる訳でもなし
兎に角取って置きましたわ。

支柱の整理などして
時計を見れば丁度お昼時
便利屋さんも作業は一段落。

みんなで手伝った所為か
思いの外作業は順調
空地の南側に何か?

撓に実った黄色の実と
小さな赤い実がいっぱい
温州ミカンと姫リンゴですわ!

便利屋さんご存じなかったみたい
「この赤い実は何ですか?」って
「姫リンゴですわよ~」と。

「宜しかったらおひとつどうぞ」
便利屋さんひとつもぎ取って
「ア~りんごだ!美味しいですね」って。

思わぬ収穫になりそう!
おみかんは鈴生りに
姫リンゴもブルーベリーも。

午後から便利屋さんには
芝生の刈りこみをお願いして
keiたちは果樹園の整理作業を。

一日作業の心算が
予想外にに早く捗り
keiの担当のバラの花壇も。

バラの木欲張って三十本も植え
無農薬に失敗し、手入れも不十分
枝の選定もお願いしましたわ。

作業は二時半頃に終了。
お疲れさまとみんなで
お庭でお茶と相成りましたわ。
     ・
     ・
     ・
そして今日、櫻子ちゃんたちが
お昼過ぎに我が家に
蜜柑や林檎を収穫しましたよ。

櫻子ちゃんもお喜び
鋏を上手に使って
下の方のおミカンを・・・。

リンゴは小鳥やカラスが
熟したものから啄ばんで
半分以上は駄目でしたよ。

そして昨日櫻子ちゃん用にと
レンガを組んで作った花壇に球根を
櫻子ちゃんと一緒に植えましたわ。

いつ咲くのかも
どんな花が咲くのかも
それだからこそ心待ちしたいね。

お庭でみんなでお茶をしている間
櫻子ちゃんママと一緒に
何とブルーベリーの実でお絵かきですわ!

ママのヒントでしょうが
両手を真っ赤に染めて画用紙に
何枚も絵を描いてますのよ。

ジェニファー大好き櫻子ちゃん
良く特徴を掴んで
可愛いジェニファーの絵も。

クーキー君の絵も頼んだのですが
もう飽きちゃったみたい
「クーちゃんはこの次ね」ですって。

秋の日は釣瓶落とし。
籠いっぱいの収穫物やお土産持って
「また来るね」って可愛いことを。








伝説の名画のDVD見ました!

keiの住む地方都市では
首都圏から遅れること
半年近いですわよ。

今年はショパン生誕200年
記念オープニングコンサートを皮切りに
マラソンコンサートなどのニュースが・・・。

やっと最近になって此方でも
ピアニストの中村紘子さんや仲道郁代さんの
ショパン演奏会の記事が新聞に。

そして先日新聞で見つけましたわ。
ショパンの半生を映画化した
伝説の名画上映の記事を。

でも上映されるのは
JRを乗り継いで一時間半ほどの
然程大きくない地方都市ですわよ。

行こうか迷いながら
あれこれ調べてみましたよ。
そしたらあるじゃないですか!

Japan Yearの今年二月に
初DVD化されていました!
これは買わなきゃ~って思いましたわ。

我が家の趣味人Sさんは
クラシック・オペラ・歌舞伎・落語等々
即行観賞と東京生活満喫ですよ。

自然豊かなkeiの住まう田舎
Sさん帰りたがらいのも
頷けますわよね。

でもインターネットの普及で
欲しいものなら直ぐに手元に
注文して何と七時間ですよ!

伝説の名画のDVD届きましたわ。
取る物も取り敢えず開封して
上映会と相成りましたわよ。

ショパンの若き日の愛と苦悩
初恋の人コンスタンティアとの悲恋を
縦軸にして・・・。

ジョルジュ・サンドやフランツ・リストとの
出会いを横軸に描き出した伝説の名画
音楽映画の傑作と言われているようですよ。

全編に流れるショパンの曲
満ち溢れる旋律
温かな空気感・・・。

Japan Yearならではの初DVD化
公開から七十五年の時を経て
蘇ったのですね!

年齢の所為か
将又偏った映画ファンの所為か
感動する映画が少ないと思うのですが。

このDVDChopin
昔懐かしいモノクローム
宣伝通りの最高の音楽映画ですね。

戦時下のドイツ・ワルシャワ
華やかなパリーの社交界
ノスタルジー掻き立てられますわよ。

ピアノの詩人ショパンと
ピアノの魔術師リストの
ピアノの競演は圧巻でしたわ。

巡り合わせでしょうか?
ETUDE Op.10 やるっきゃない
・・・か~って思えるのですよ。

     ・
     ・
     ・
ところでこの名画のタイトル
昭和十年頃日本で付けられた邦題で
「別れの曲」として広く知られるように。

映画の中では「ETUDE Op.10」
ショパンのコンスタンティアへの
愛のメッセージでしたわよ。

「別れの曲」は日本独自で
海外では「Sadness」又は「Intimacy」と
呼ばれているみたいですよ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。